肛門疾患(痔疾患)

痔の種類

大きく分けて三つのタイプがあります。

痔核

痔の中で最も多い病気。肛門に強い負担がかかることで、肛門の血管がうっ血して腫れるもの。できる場所によって内痔核と外痔核に分けられます。

痔瘻

肛門の奥から細菌が入り肛門の周囲に膿がたまり(肛門周囲膿瘍)、膿が出た後に肛門内に通じる管が残ったもの。

裂肛

硬い便の排せつや下痢によって肛門が切れたもの。

内痔核

初めは出血があるだけですが、進行すると痔核が肛門の外へ脱出するようになります。痛みはさほどありません。軽いものであれば軟膏を使ったり下剤で便秘のコントロールをすることでよくなります。脱出がひどい場合や出血が止まらない場合には手術が必要となります。手術は痔核を切除する方法と痔核を固める注射療法があり、入院で治療を行います。

外痔核

肛門の外に小指の先ほどの痛みを伴う腫れができます。出血はほぼありません。軟膏や下剤などの保存的処置で2週間ほどで自然に良くなることがほとんどです。

痔瘻

比較的男性に多い病気です。肛門の奥から細菌が入り化膿して肛門周囲膿瘍ができると、激しい痛みで座ることも難しくなります。発熱をともなうこともあります。膿瘍を切開して膿を出せば症状はよくなりますが、膿の通り道(痔瘻)が残っていると再発を繰り返すため、通り道を取り除く手術が必要となることが多いです。

裂肛

排便時に肛門が切れて痛みと出血を起こします。軟膏を使ったり便秘にならないようにすれば症状は治まります。長い間放置して慢性化すると肛門が狭くなり手術が必要となることがあります。

Q&A

Q1.診察はどのようなものですか?

A1.診察室に入っていただき初めに症状や排便習慣などの問診を行います。続いてベッドで横向きになって肛門の視診・指診・肛門鏡による診察を行います。 その後病気の状態や治療について説明します。

Q2.女性医師による診察はありますか?

A2.診察する医師は男性ですが、必ず常に女性スタッフが付き添い介助をいたしますのでご安心ください。

Q3.診察時の服装はどのようなものがいいですか?

A3.診察時はズボン、スカート、下着をずらす必要がありますので着脱しやすい服装にしましょう。体にぴったりしたジーンズや体を締め付ける下着などは避けた方がよいです。

Q4.病院にかかるのは恥ずかしいので市販の注入軟膏で様子を見てもいいですか?

A4.お尻から出血して痔かなと自己判断するのは禁物です。痔ではなく大腸がんなどの重い病気が隠れていることもありますので、病院への受診をお勧めします。

page top