薬局

患者さんがお薬を安全に、かつ確実に使用できるよう、調剤業務や服薬指導(薬剤管理指導業務)、医薬品の供給・管理とその情報提供、治験薬管理など様々な業務を行っています。チーム医療の一環として、栄養サポートチーム(NST)や褥瘡(床ずれ)の回診などにも参加しています。

医薬品の適正使用を通じて、患者さまの生活の質(QOL)を向上させることを目標とし、オーダリングシステムを活用して薬剤の飲みあわせや正しい服用法をチェックし、複数の科を受診されても安全に服用できるよう体制を整えています。お薬に関することは、どんなことでもお気軽に薬剤師にご相談ください。

 

医薬品の供給・管理

薬局または病棟などに保管している薬剤を、適正な状態で管理保管し供給します。

内服薬・外用薬の調剤業務

外来の患者さん、入院の患者さんの調剤業務を行っています。処方箋から服用量や飲み方、他の薬剤との飲み合わせなどを確認し、お薬を調剤します。お薬の数が多い患者さまには、1回分ずつ袋詰めする一包化の調剤を行い、正しく服用できるようにお渡します。錠剤の服用が難しい患者さんには、散剤や水に溶けやすい薬剤、可能な薬剤は粉砕するなど、服用しやすいお薬に調剤します。

注射薬調剤業務

注射処方箋から投与量や投与方法、混合の可否、安定性などを確認し、入院患者さんごとに病棟へ払い出しをします。

服薬指導(薬剤管理指導業務)

平日には半日~1日、各病棟に薬剤師を配置しており、病党内の薬剤管理や投薬内容のチェック、相互作用や投与量、投与速度の確認等有効かつ安全な治療に貢献できるよう努めています。入院患者さまへ直接服薬指導にうかがい、薬剤による副作用の確認などを行っています。医師や看護師等の医療スタッフから薬について相談をうけたり、医師に対して処方の指導をしたりしています。

医薬品情報提供

厚生労働省や製薬企業などからの様々な情報を、医師などの医療スタッフへ提供しています。

チーム医療への参加

薬剤師としてチーム医療の一環として、各種委員会活動や栄養サポートチーム(NST)や褥瘡(床ずれ)の回診などに参加しています。

治験薬管理

治験薬管理者として治験薬の管理をしています。

治験のご案内

治験のご案内はこちら

採用情報

採用情報のご案内はこちら

page top