神経内科

神経内科では、脳から脊髄、身体全体に至る末梢神経や筋肉に異常が起きて不調をきたす疾患を診療しています。症状は、頭痛、めまい、ふるえ、けいれん、身体の力がはいらない、しびれたりする、物忘れ、しゃべりにくい、ぼんやりする、物が二重に見えるなど全身にわたります。これらの症状は原因によって急に起こることも、徐々に出現することもあります。また、同じ様な症状でも具合の悪い場所が一緒とは限りません。たとえば、手が動かなくなることは、脳、脊髄、末梢神経、筋肉のいずれの病気でも起こることがあり、他の原因で起こることもあります。
神経内科の診察と検査では、具合の悪い部分と原因を探して適切な治療やアドバイスをします。原因によっては脳外科や整形外科、耳鼻科、精神科など他の診療科での治療が必要になるため、当院の他の科と連携したり、専門の医療機関をご紹介します。

主な対象疾患

・アルツハイマー型認知症
・パーキンソン病
・脊髄小脳変性症
・脳卒中(脳梗塞、脳出血)
・多発性硬化症
・偏頭痛
・てんかん
・脳炎・髄膜炎
・筋萎縮性側索硬化症
・ギランバレー症候群
・重症筋無力症、筋炎

医師のご紹介

牧 美奈

<所属学会・専門医・資格>
・日本神経内科学会専門医
・日本内科学会総合内科専門医

水野 秀紀

<所属学会・専門医・資格>
・日本神経内科学会専門医
・日本内科学会内科認定医

中野 智伸

<所属学会・専門医・資格>
・日本神経学会専門医
・日本脳神経血管内治療学会専門医
・日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

page top