整形外科

高齢化社会に伴い、骨粗しょう症による骨脆弱性をベースにした骨折(大腿骨近位部骨折、上腕骨近位端骨折、脊椎圧迫骨折など)が増えています。このような骨折に対して、当院ではできるだけ早期に、低侵襲で短時間な手術を心がけています。また、当院リハビリテーション科と連携し、早くからリハビリテーションを開始することで、寝たきりや認知症などの合併症を防止するように努めています。
スポーツ外傷、リウマチの診察、日常生活のちょっとした不具合や、加齢による腰や膝の痛みなども、施設・スタッフともに充実した環境のもと、最新の医療に基づき丁寧に診療します。

主な対象疾患

・ひざ、肩を中心とした関節痛、腰痛、背部痛、手・足のしびれなど、主に運動器官や末梢神経の障害による病気
・スポーツ、交通事故、労災などによる骨折や脱臼、靭帯損傷といった外傷

医師のご紹介

磯部 真一郎

<所属学会・専門医・資格>
・日本整形外科学会専門医
・日整会認定脊椎脊髄病医
・日整会認定リウマチ医
・日整会認定運動器リハビリテーション医
・日整会認定スポーツ医
・日本整形外科学会
・日本脊椎脊髄病学会
・中部日本整形外科災害外科学会
・日本骨粗鬆症学会
・日本腰痛学会

page top