脳神経外科

日本脳神経外科学会 専門医研修プログラム 連携施設
日本脳卒中学会認定研修教育病院

脳疾患の専門治療を目的として、1978年から常勤の脳神経外科医師による診療を開始し、日本脳神経外科学会および日本脳卒中学会の専門医研修施設として認定されています。

近年の脳血管障害に対する新しい診断法とその早期治療に対応するため、最新の医療機器を導入し、近隣施設や大学病院との連携を図りながら、日々の診療にあたっています。開頭手術だけでなく、rt-PA(アルテプラーゼ)療法、脳血管内手術、ガンマナイフ治療、予防のための脳ドックも行っていることが特徴です。遠方から受診される紹介患者さまも診療しています。

診療内容・特色

24時間365日、脳神経外科医師による救急体制 ・脳神経外科の救急患者さまはいつでも診療します。

脳梗塞の新しい治療法 rt-PA(アルテプラーゼ)療法

・急性期虚血性脳血管障害に対して最新治療を行っています。アルテプラーゼは、脳の血管に詰まった血栓を溶かして血流を改善するお薬です。
・脳血管内治療専門医が在籍
・脳血管内治療は、これまでの手術では治療が困難な病気や侵襲の大きい疾患に対して、皮膚を切ったり頭蓋骨を割ったりすることなく、血管の中からアプローチする新しい手術法です。カテーテルを足の付け根や肘の血管から挿入して、病気のある部位まで進めて治療します。当院では、脳血管内治療専門医が脳動脈瘤コイル塞栓術や頸動脈ステント留置術、急性期主幹動脈閉塞などの血管内手術を行っています。

ガンマナイフセンターを併設

・開頭手術では治療困難な病変に対して、放射線のひとつ・ガンマ線で治療します。当院は最新機種のガンマナイフ・パーフェクションを導入しています。

脳ドック

・脳神経外科に強みをもつ当院だからこそできる脳の健康診断です。検査の結果、病気が発見された場合は当院の脳神経外科にて診療します。

主な対象疾患

・主に脳・脊髄の病気
・脳卒中(脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞)、水頭症、頭部外傷、脊髄脊椎疾患、頭痛、顔面けいれんなど
・当院の神経内科・リハビリテーション科と連携し、パーキンソン病や認知症などの治療、リハビリテーションも行っています。

医師のご紹介

真砂 敦夫(理事長)

<所属学会・専門医・資格>
・医学博士
・日本脳神経外科学会専門医
・日本脳卒中学会専門医
・高気圧酸素治療管理医
・日本頭痛学会専門医
・名古屋市立大学非常勤講師
・日本脳神経外科学会
・日本脳神経外科コングレス
・日本脳卒中学会
・日本頭痛学会
・日本高気圧環境・潜水医学会
・日本脊髄外科学会            など

川村 康博(副院長)

<所属学会・専門医・資格>
・医学博士
・日本脳神経外科学会専門医
・日本脳卒中学会専門医
・日本脳神経血管内治療学会専門医

木田 義久(ガンマナイフセンター長)

<所属学会・専門医・資格>
・日本脳神経外科学会
・日本脳神経外科コングレス
・日本定位放射線治療学会世話人
・日本ガンマナイフ研究会
・第2回アジアガンマナイフ学会会長
・第20回日本定位放射線治療学会会長

小倉 浩一郎(脳卒中センター長)

<所属学会・専門医・資格>
・日本脳神経外科学会専門医
・日本脳神経外科コングレス
・日本脳卒中学会専門医
・日本脳卒中の外科学会技術指導医
・米国脳神経外科コングレス国際会員

梅村 淳 【非常勤】

・順天堂大学 運動障害疾患病態研究・治療講座 脳神経外科
・パーキンソン病および不随意運動証の外科的治療

<所属学会・専門医・資格>
・医学博士
・日本脳神経外科学会専門医
・機能的定位脳手術技術認定医
・日本脳神経外科学会評議員
・日本定位・機能神経外科学会理事
・日本パーキンソン病・運動障害疾患学会 など

page top