禁煙外来

禁煙外来とは

 「禁煙」したいとは思っていても、

 ・その一歩を踏み出すことができない

 ・1度はやめたが、我慢できずにまた吸ってしまった

 そんな経験はありませんか?

 やめられないのは「ニコチン依存症」という病気が原因です。

 タバコに含まれる「ニコチン」は、身体的に快感を味わうことができますが、

 ニコチンが切れると落ち着かないなどの離脱症状が現れます。この症状が重なり、

 自分の意志だけではなかなかやめることができないのです。

 そこで当院では、「ニコチン依存症」と診断された患者様に対して、禁煙補助薬を処方し、

 禁煙をサポートさせていただく「禁煙外来」を開設いたしました。

 

健康保険適用による禁煙治療を受けるには

 次の4つの条件を満たす必要があります。

 1.ニコチン依存症を診断するスクリーニングテスト(TDS)で

   「ニコチン依存症」と診断されること。

 2.喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数をかけた値)が200以上であること。

 3.ただちに禁煙することを希望していること。

 4.禁煙治療について説明を受け、禁煙治療を受けることに文書で同意していること。

   (初回受診時に、禁煙宣言書にサインをして頂きます。)

 

  ・保険適用期間について 保険適用となるのは、治療開始後から12週間までです。

   それ以降治療を希望される場合は全額自費となります。

  ※また、以下の場合も全額自費となります。

  ・禁煙治療の4つの条件に当てはまらなかったが、同様の治療を希望される場合

  ・初回の治療から1年以内に、再度初回からの治療を希望される場合

 

治療方法・治療薬について

 補助薬を処方し、禁煙の成功率を高めながら治療を行っていきます。

チャンピックス

 ニコチンを含まない飲み薬です。

 禁煙時の離脱症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制します。

 禁煙を開始する1週間前から飲み始め、12週間服用します。

 

医療費の目安

チャンピックス錠
費用

自己負担額

(3割負担として)

院内処方

初診料+再診料(※1) 7,780円 17,670円
ニコチン依存症管理料 9,620円
処方料(調剤料+薬剤料)(※2) 41,510円

 

 ※それぞれ3割負担の方で、5回分の診察・処方・薬代を含めた金額です。

 ※1 当院で禁煙のみの治療を目的とし、外来管理加算を含むと仮定。

    (注)他の疾患の治療に合わせて禁煙治療を受ける場合、初診料および再診料については

       重複して支払う必要はありません。

 ※2 禁煙補助薬は標準的な用法・用量で使用すると仮定(チャンピックスは12週間)

 

診察スケジュール

 12週間で、計5回の診察の必要があります。 ①初回②2週間後③4週間後④8週間後⑤12週間後の計5回です。

 

治療を受けるまでの流れ

 当院内科外来を受診

 ①当日に直接来院

 ②事前に予約を取って来院

 どちらの方法で、ご受診していただいてもかまいません。

 (※但し、ご予約をとっていただいた方がスムーズに受診していただけます。)

 ご予約の詳細はこちら

 ↓

 「ニコチン依存についてのスクリーニングテスト(TDS)」をうけ、ニコチン依存症と診断される。

 (※条件に当てはまらない場合でも、同様の治療を受けることは可能です)

 詳細は【健康保険適用による禁煙治療を受けるには】をご参照下さい。

 ↓

 治療開始

 

ダウンロード

   

page top