麻酔科

 近年、高齢化社会を迎えて多様な合併症を有する中での手術が増えています。麻酔科は安全な手術環境を提供し、周術期を通して体が受ける侵襲から患者さんを守ることを目的とした診療科です。

 手術が決定すると、必要な検査を行った後に麻酔科外来で術前診察を行います。術前診察では患者さんの身体の状態をしっかりと把握し、合併症が有る場合には様々な診療科の意見を包括して評価を行い必要に応じて追加の検査や治療を行う場合もあります。診察の結果と手術内容から最も適切な麻酔方法や術後鎮痛法を選択し、患者さんご自身やご家族の方々に分かりやすい説明を心掛けご理解頂けるよう努めています。

 手術中の安全な麻酔管理を目標にすると同時に、術後は積極的に区域麻酔や静脈内鎮痛法を併用して疼痛の緩和を計り手術後の早期回復を目指しています。

医師のご紹介

藤村 高史

<所属学会・専門医・資格>
・日本麻酔科学会/標榜医/認定医
・日本集中治療医学会/集中治療専門医

page top