ガンマナイフセンター

 

ごあいさつ

大隈病院は、平成2874日よりガンマナイフセンターを開設しました。愛知県では3台目、名古屋市では2台目の導入です。私は、1991年に日本で初めてガンマナイフを臨床導入した小牧市民病院で25年間にわたり7,000症例の治療を担当してまいりました。そして今回、大隈病院に導入される最新ガンマナイフを稼働させる責務をいただきました。

ガンマナイフが奏功する病気の1つは、良性・悪性の脳腫瘍です。聴神経腫瘍、髄膜腫などの良性脳腫瘍、転移性脳腫瘍に代表される悪性脳腫瘍など、ほとんどの症例に有効です。それから血管奇形、聞き慣れないかもしれませんが脳動静脈奇形、海綿状血管腫などです。あとはパーキンソン病やてんかんなどの機能性疾患にも有効性が確認されています。当院に相談に来られる方の多くは転移性脳腫瘍ですが、最近では三叉神経痛に保険診療が認められたことで、治療を希望する方が増えています。どんな病気でも確実に3日間での治療が可能なため、脳神経系の治療において多方面からあたたかい支持をいただいています。お困りの症状や病気がありましたら、ぜひご相談ください。今後とも当院のガンマナイフセンターにあたたかいご支援をお願いいたします。

大隈病院ガンマナイフセンター長 木田義久

ガンマナイフの最新機「パーフェクション」の特徴

当院はガンマナイフの最新バージョン・パーフェクション(PERFEXION)を導入しています。最新機の導入により、さらに短期間でニーズに合った治療が可能になりました。

手術では治療が難しい病気も治療できます

非常に微細な、0.1mmほどの患部を身体の外部から狙う治療ですので、高い精度を誇っています。システムが完全自動化され治療精度が向上し、一回の操作でより正確な治療を実現しています。また、頭蓋内のほとんどの部位をカバーし、これまで治療出来なかった眼科、耳鼻科領域の疾患の治療も可能になりました。

合併症の心配がほとんどなく、からだに優しい治療です

からだへの侵襲が軽く、感染症や合併症のリスクはほとんどありません。また、パーフェクションは放射線防護が大幅に改善し、放射線遮蔽能力は同等システムに比べ最大100倍強化され、患者さまの安全性の向上を実現しています。

短時間で治療を受けることができます

適応があればどの疾患でも治療期間は3日間です。治療にかかる時間が大幅に短縮され、剃髪の必要もないため、ほとんどの方がすぐに普段の生活に復帰しています。

健康保険が使えます

ガンマナイフ治療の適応疾患のほとんどは健康保険が適用されます。自己負担3割の患者さまの場合、1回あたり約1820万円で治療ができます。費用についてはお気軽にお問い合わせください。

保険適応疾患

・良性腫瘍 ・髄膜腫、頭蓋咽頭腫、血管芽腫、聴神経腫瘍、脳下垂体腫瘍、神経鞘腫(聴神経腫瘍など
・悪性腫瘍
・転移性脳腫瘍、神経膠腫、軟骨肉腫、脊索腫
・脳血管障害
・脳動静脈奇形(AVM)、海綿状血管奇形、硬膜動静脈ろう
・その他
・三叉神経痛、舌咽神経痛

保険適応外疾患

・機能的疾患,
・てんかん、パーキンソン症候群、不随運動症、振戦症
・その他
・頑痛症(群発頭痛、視床痛、がん性疼痛など)

三叉神経痛でお悩みの方へ

2015年からは難治性三叉神経痛も保険適応となりました。数ある放射線治療装置の中で、ガンマナイフが唯一認められたことになります。開頭手術が受けられず、鎮痛剤の副作用で苦しんでいる患者さまに朗報となりました。高齢の方でも治療が可能です。100歳近い方でも治療を受け、日々悩まされる痛みがスッと取れています。痛みを我慢せずに、当院ガンマセンターにご相談ください。

フレーム固定を行わないガンマナイフ治療(エクステンド)

一部の疾患については、マウスピースを用いて頭を固定し照射を行う、フレームレスの治療を行っています。フレーム固定を行わないため、患者さまの苦痛を軽減することができます。

ガンマナイフってなに?

ガンマナイフは集中的放射線治療を目的として開発された定位的放射線治療装置です。頭部をしっかり固定して正確に病巣を狙い、患者さまの意識がある状態で、ガンマ線を用いて低侵襲で治療します。外科的処置・手術は一切行いません。

1950年台にスウェーデンで開発が開始され、1965年に1号機が完成し、アメリカで治療が開始されました。当初、パーキンソン病などの不随意運動症の治療が目的でしたが、次第に脳動静脈奇形、良性脳腫瘍、悪性脳腫瘍への治療効果が認められ、機能的脳疾患の、てんかん、不随意運動症、三叉神経痛、本態性振戦症、頑痛症といった病気の治療も行っています。

ガンマナイフの対象となる主な疾患は、脳腫瘍と脳動静脈奇形です。特に、ガンマナイフ症例の約7割を占める転移性脳腫瘍は、今後の高齢化社会において増加していくと予想されます。

 

ガンマナイフ治療の流れ

治療適応の判断と入院日の決定

ガンマナイフセンターにて検討し、治療適応の際は入院・治療予定をご案内します。

入院(1日目)

14:001階の受付で入院手続きを行い、2階の待合室でお待ちください。入院に必要な検査や問診を行います。

入院(2日目)

頭部に局所麻酔をして、フレームを装着(4本のピンを固定)します。術前検査(MRICT、血管撮影)を治療直前に行い、ターゲットの形や大きさ、位置を確認し、患者さまに適した治療計画を作成します。治療(照射)は、通常12時間で終了します。フレームを取り外し、12時間、安静にすれば、治療後はお食事や歩行もできます。

①フレーム装着
局所麻酔をして、4本のピンを頭部に固定します

  

②術前検査(MRI, CT, 血管撮影)
治療直前に撮影し、ターゲットの形や大きさ、位置を確認します。

③線量計画
画像を元に患者さんに適した治療計画を作成します

 

④照射
通常1~2時間で終了します

⑤フレーム脱着
治療後の安静は1~2時間です。その後は食事や歩行も可能です。

入院(3日目)

午前中に退院予定です。

経過観察フォロー(フォローアップ)

治療後1年以内は3ヵ月毎、以後は6か月毎に定期検査・経過観察を行います。主に神経症状のチェックと画像診断にて効果・変化を確認します。また、必要により追加の処置・治療を行います。

めざましい治療効果・回復力

(画像協力:ガンマナイフセンター長 木田義久 提供)

①脳動静脈奇形

ガンマナイフ治療前(左図)と24ヵ月経過時(右図)の比較

②下垂体腺腫

ガンマナイフ治療前(左図)と19ヵ月経過時(右図)の比較

 

③頭蓋咽頭腫

ガンマナイフ治療前(左図)と87ヵ月経過時(右図)の比較

④聴神経腫瘍

ガンマナイフ治療前(左図)と3年後(中央)、5年後(右図)の比較

⑤多発性転移性脳腫瘍

ガンマナイフ治療前(上図)とガンマナイフ治療後(下図)の比較
(築地神経科クリニック 芹澤徹医師提供)

ガンマナイフ治療をご希望の方へ

紹介状、MRIまたはCTなどの画像データをご準備のうえ、当院にお問い合わせください。

 

医療機関の方へ(患者さまのご紹介)

以下の情報提供書をダウンロードいただき、ご記入のうえ、FAXまたはメールで送信してください。

電話(ガンマナイフセンター) 0120-65-2115
FAX(地域連携室) 052-991-2536
メール gk@ookuma-hospital.or.jp

 

医師・スタッフのご紹介

木田 義久    ガンマナイフセンター長

<専門>
・脳神経外科全般
・脳疾患の定位放射線治療
・てんかん診療

<所属学会・専門医・資格>
・日本脳神経外科学会
・日本脳神経外科コングレス
・日本定位放射線治療学会世話人
・日本ガンマナイフ研究会
・第2回アジアガンマナイフ学会会長
・第20回日本定位放射線治療学会会長

<経歴>
・昭和2111月 愛知県常滑市生まれ 
・昭和403月 愛知県立横須賀高校卒業
・昭和404月 名古屋大学医学部入学
・昭和463月 同上卒業
・昭和464月 常滑市立市民病院に赴任
・昭和487月 名鉄病院脳神経外科赴任
・昭和507月 名古屋大学医学部脳神経外科医局に入局
・昭和558月 米国ニューヨーク大学医療センターに留学
・昭和577月 厚生連加茂病院脳神経外科
・昭和608月 小牧市民病院脳神経外科部長として赴任
・平成35月  ガンマナイフを利用した治療を施行
・平成10年   小牧市民病院副院長、およびガンマナイフセンター長
・平成16年   脳磁図によるてんかん焦点の検索を実施
・平成246月 上飯田リハビリテーション病院院長
・平成2510月 総合上飯田第一病院院長
・平成281月 大隈病院ガンマナイフセンター長就任

<最近の論文・著書>
・ガンマナイフの臨床(監修) メディカ出版 (2008)
・Functional Aspects of Radiosurgery(監修) Neuron Publishing Co (2010)
・Radiosurgery for symptomatic cavernous malformations
・A multi-institutional retrospective study in Japan. Surgical Neurology International (2015)
・頭蓋内硬膜動静脈瘻のガンマナイフ治療 脳神経外科ジャーナル(2008
・頭蓋咽頭腫のガンマナイフ治療 長期成績について 脳神経外科ジャーナル(2007
・顔面神経鞘腫のガンマナイフ治療 脳神経外科ジャーナル(2015
・下位脳神経鞘腫のガンマナイフ治療 脳神経外科ジャーナル(2015

森 美雅【非常勤】

page top